ハンドペイン治療や膝の痛みのが出る前に老化対策

年齢での変化

歳を重ねるたびに、老化による症状が出てきます。肌の老化や、血管の老化、膝の痛み、手の血管が目立ってしまうなど様々な症状が考えられます。例えば手の血管の老化で、血管が肥大化する症状はハンドペインケアなどの施術を受けて直すこともできますが美容施術は結構高額になります。普段の習慣や食事から老化を防ぎ、ハンドペイン施術などを受けずに綺麗な手を維持してみましょう。

アンチエイジング効果のある成分

  • ビタミンE
  • ビタミンC
  • アミノ酸
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • エラスチン
  • レチノール
  • βカロテン
  • セサミン
  • アントシアニン

ハンドペイン治療や膝の痛みのが出る前に老化対策

女の人

活性酸素を防ぐ

老化の原因に挙げられる活性酸素。これを減らすことで、老化を抑えて若々しさを保つアンチエイジング効果が期待されています。ビタミンEやカテキン、ポリフェノールなどの成分を摂り入れて、活性酸素の発生を防ぐようにしてみましょう。水素水やストレスの軽減、紫外線の予防などを取り入れてみてはいかがでしょうか。

男の人

手の血管肥大化を防ぐ

血管が浮くのは、血管が老化で肥大するなどの状況から発生します。これを避けたい場合はアンチエイジングや肌の紫外線ケア、手を握り締めるなど力を入れすぎる習慣を減らします。はっきりと目立つ状態になってしまった場合はハンドペインの施術を受けて目立たなくすることも可能です。レーザーを照射するだけなので、その日のシャワー浴や術後もすぐ帰宅することができます。

困る人

膝の痛みを防ぐには

膝の痛みは、軟骨成分のすり減りや足のゆがみから負担がかかっていることから起こります。予防するには、膝周辺の筋肉を鍛えることで負担を軽減する必要があります。歩き方の矯正や筋肉の維持、筋肉を鍛えることで痛みを予防できるので、歩行トレーニングや健康増進センターなどでの歩き方セミナー、筋肉を維持するBCAAや骨を強化するカルシウムなどもバランスよく取り入れてみましょう。

男女

しわやたるみの対策

老化で気になる、しわやたるみは、マッサージや顔の筋トレを適切に行うことが重要です。また、頬杖や食いしばり、眉を上げて目を開く癖などがあればそれも直すようにします。表情筋を鍛えることでしわやたるみでの見た目の老化を防ぐ効果が期待できます。ヒアルロン酸やコラーゲンなども取り入れてみましょう。

老化トラブルを防ぐには

身体の老化を防ぐには、筋肉の強化と維持、悪習慣をやめることやアンチエイジング効果のある成分を積極的に摂取するようにしましょう。適切な運動や食事で、若々しい肉体を維持する効果が期待できます。

広告募集中